aihachi’s diary

2016年元日スタート。日々の生活で面白いと感じたことを書けたらいいなぁ。現在の関心事:RAPT blog、フィギュアスケート

スケート教室~12回目~まだ、自転車に乗れない

 昨日スケート教室に行ったら、Cさんが赤ヘルではなく青ヘルを被っていました。理由はそちらの方がサイズが合うからということでした。赤ヘルのもう一人のOさんはこのところお休みが続いています。看護師のお仕事がお忙しいようです。曜日を振り替えて練習に来ているのかもしれません。そして私も赤ヘルからニット帽に自己判断で昇格しました。これで3人の赤ヘル軍団は解消しました。でも、仲良くやってます。

 昨日の練習内容のポイントは、前向き、後ろ向きのジグザクをやるときに腰をひねるということでした。先生もどうしたら私たちができるか、頭をひねってアイディアを出してくださいました。

 前向きのときは、両腕を伸ばして手のひらを上向きにして、右足で蹴る時は右手を前に伸ばしてちょうだいと差し出します。そうすると、腰がひねれて、右手が体の前にきます。(言葉での説明が難しい)これはなかなかいい感じでみんなができました。

 問題は後向きです。先生が「何かよい方法はないかな」とおっしゃると、生徒の一人が「後ろの手を見るようにしたらどうでしょうか」と言い、じゃ、それでやってみましょう、となりました。後ろの手を見るようにすると、確かに腰がひねれます。ただ、やはり前向きのようにスムーズにはいきません。日常生活で後ろに向かって動くことをほとんどやらないので、むずかしいのでしょう。どちらの手を前に出したらいいのか途中でわからなくなったりします。頭で理解して、くり返して練習して体で覚え込むしかないのでしょう。

 練習メニューの最後は、片足滑走でした。まずは、得意な足、そして、逆の足。グループの中で、長い時間片足滑走ができるようになっている人もいます。私は、今回も全然でした。自転車に乗れるようになるにはまだまだ時間がかかりそうです。

 楽しいお茶休憩の後の自主練習のときに、Aさんから、スケートっていうのは片足で滑るもの、いつも両足で滑っていちゃだめだよ、片足に乗って滑れるようにスケーティングの練習をしたらいいよ、とアドバイスをもらいました。これは、前にも言われたことですが、あまり練習していませんでした。私は、スケートに乗れていません。本当に乗れるようになるのか、弱気が出てきます。Aさん曰く、誰でも歩けるんだから、滑れるようになるよ、と。

 ヒロトくんには、「アイハチさん、一緒にスケート始めたんですから、がんばって上のグループに上がって来てください」と言われ励みになるんですが、いつのことになるのやら。今の私を、こんな時もあったな、と笑える日が来ることを楽しみにしています。

I'm looking forward to seeing my rinkmates next week too.