読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aihachi’s diary

2016年元日スタート。日々の生活で面白いと感じたことを書けたらいいなぁ。現在の関心事:スケート教室、RAPT blog、ラジウム石 etc.

リンクの奇跡 ~ 浅田舞さん編

 私はこのブログを2016年元日に始めましたが、2017年の元日には記事を書きませんでした。しかし、暮れからお正月にかけて、リンクでは奇跡的なことが起こっていたのでシェアしたいと思います。

 埼玉アイスアリーナで暮れの27、29、30日の3日間、浅田舞さんを講師とするスケート講習会が開かれました。昨年4月にスケート教室に入ってスケートを始め、やっとフォアストロークができるようになった初心者レベルの私も、数名のリンクメイトと共に講習会に申し込みました。成人クラスの定員は15名だったので、すぐに定員いっぱいになってしまったのですが、申し込めたことは幸運でした。

 講習会の日が近づくにつれてワクワクが高まり、当日は緊張感からかいつも右足から履くスケートを左足から履いてしまうほどでした。私は2013年の暮れからフィギュアスケートに注目するようになったので、その時には舞さんはもうスケートをしていませんでした。なので、舞さんの滑りを生で見たことはありませんでした。成人クラスの前に子どもの初級と中級クラスがあったので、目の前のリンクで教えている舞先生の姿を見ることができました。

 そして、いよいよ成人クラスが始まりました。リンクに入る前に、皆さん、もう準備運動は済んでますか、って言われたかな、もうリンクに入っウォームアップで滑り始めました。すぐにフォアクロスで滑り出したので、クロスがまだできない私は、舞先生のところに近づいて、先生、まだクロスができません、と言いました。すると、まっすぐに滑っていいですよ、と優しく言ってくださいました。自分のレベルで講習会に参加したことに、やっちゃったな~と思ったのですが、舞先生のスピードのある素敵な滑りを間近で見ていて、そんな気持ちもすぐに吹っ飛び、3日間楽しもうと思いました。

 舞先生は、フィギュアスケートなんですから美しく見えるようにということを強調されました。姿勢、腕の上げ方、顔の表情など、やって見せてくれてくれて、私たちに練習させてくれました。本当に美しかったです!

 普段の教室では、初心者ですから技術面の練習が主になって表現までは行かないのです。技術があってこその表現なのでしょうが、同じ練習でも顔の表情まで気を配ってやれれば、もっと楽しめるだろうと思います。

 スケートを始めたからこそこの講習会に参加できて、舞先生お会いできたことをとても嬉しく思った3日間でした。そして、参加者の皆が舞さんのファンになったことは間違いありません。

 

 私の2017年初滑りは1月6日でした。まだ、教室は始まっていないので自主練です。冬休み中ということもあって普段の平日より人は多かったです。リンクメイトにも会い新年のあいさつをすることもできました。新年も楽しいスケートライフが始まりました。

 私はこの日用があって午後1時に上がりました。奇跡は2時過ぎに起こりました。リンクメイトのヒロトくんが滑っていると、後ろから声を掛けられたそうです。振り返ると、なんと舞さんだったのです!舞さんはプライベートで滑りに来ていたようですが、講習会で教えた生徒を覚えていて声をかけてくださったのには、ヒロトくんも大感激でしたね!

 埼玉アイスアリーナは都心からも近く、メインとサブの2つのリンクがあって、新しくてとてもよい施設なので、舞さんには講習会でもプライベートでもまたおいでいただければ嬉しいです!