読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aihachi’s diary

2016年元日スタート。日々の生活で面白いと感じたことを書けたらいいなぁ。現在の関心事:スケート教室、RAPT blog、ラジウム石 etc.

スケート教室~14回目~別世界

 週に1回私は別世界にやって来る。日常生活とは切り離された別世界、氷の世界へ。

なんて書き出しましたが、要するに日常生活から離れた時間を持つのはよいことじゃないかっていう話です。

 みなさん、そんな時間をお持ちですか。別の言い方をすれば仕事以外に趣味を持つということでしょうか。

 私は、フルタイムで働いていたときに忙しすぎて、全く趣味の時間を持つことができませんでした。休日も家事、育児をしていたし。退職して自分の時間を持てるようになって初めて、何かやろうと思えました。

 忙しすぎるっていうのはよくない。考えることをしなくなるし、とにかく目の前のことをこなすだけになるし。

 仕事を持っている人が、仕事も一生懸命できて、趣味も楽しめる、そんなバランスがとれるのが理想的だな、と思います。

 昨日の教室の内容は、前回とほぼ同じでした。私たちのグループはメインリンクの方で、練習したので、いつもより距離が長く、1列目が終わるまで待ち時間が長かったりしたので、途中からリンクの半分までに分けてやりました。

 私は、最後の片足滑走が相変わらずできない状態でした。でも、グループの中で、二人は長い距離を片足滑走できるようになっています。できる人が出てくると、あんな風になれるんじゃないかという希望も見えてきます。

 先生が、できるようになった人は、どんどん上のグループに上げて、残り組を特訓するとおっしゃってましたが、望むところです。早く上に上がりたい、というより確実に、自信を持ってできるようになりたいという思いです。

 自主練の時に、Aさんから片足に乗って滑る練習をするように、とまたアドバイス頂きました。教室の時は、両足を揃えた滑走から片足を上げる片足滑走、自主練の時は片足ずつ交互に乗る滑走、と違いがあります。できないながらも後者の方が感覚がつかめそうです。そして、後者で感覚がつかめれば、前者につながるのではないかと。

 

 サラ・オレインさんが今井遥選手とスケートをしている様子をツイッターに上げてくれました。サラさんは、才色兼備で憧れの人なんですが、スケートに関しては初心者の

ようです。フェンスにつかまって歩いたり、遥選手に手を持ってもらって滑ったりしていました。これにはもう親近感が湧きました。

 

 Skating makes my day.  See you next week, my dear rinkmates!